介護手記 47歳 女性

12年前から実父母と同居し、父が6年前大腸癌でなくなり、亡くなる前からは、少し怪我も何回も糖尿病もあり、認知の方もすすんでいました。怪我のたびに手術。父の病気と母の病気と私、3人の子供とで仕事もフルタイムで働いて、大変な日々を過ごしていました。父が亡くなってから、母はもっともっとひどくなり、毎日言い争いで、インスリンも自分でうてない、薬ものんだか、忘れる。尿の方ももれていてもぬれている感覚がなく、匂いまでわからず、紙パンツにしてくれと言っても、暴れる毎日、デイサービスの手続きしても、嫌だと行かなくなる。新聞のセールスがきて、三重の契約をしてみたり、その度に私は頭をさげて、ひどい目にあっても本人はわからず、喧嘩ばかりの毎日、夜出て行き、一晩帰らず、警察へ連絡。近所の方に、ご迷惑をかけても知らない顔。冬だったと思います。低血糖になり、意識不明。痙攣をおこし、救急車。廊下に躓いて歩くことが出来なくなってまた救急車。周りが、こんなに頑張って、世話をしていても、本人は病気の自覚がなくて、何回も入院して調節しても同じ繰り返しでした。その度に「死ねばよい。」「私なんかおらんでよい。」とか。 私が子供らの送迎、買い物に行くとき、行き先をいっていくのですが、「どこへ行っていた?」「遅かったね。」と伝えていっても意味がなく、しまいには、男とあっていたまで言われ、それを主人に言う時もありました。近所の方にも、嘘ばかり言っていっている。噂も聞きました。 私には、かわいい子供たちがいると、あの子たちがいたから今があるんだと。母親だけだったら、私は何をしていたか?解かりません。頭がおかしくなって、そう思うと自分が怖いです。母親のせいで、仕事をやめて1年家にいましたが、家で遊んでいるとか。ケアマネジャーにも相談したりしましたが、本当に辛かったです。私たちの生活も子供も3人いるので、大変なので、今は介護の仕事をして、少しでも母親の気持ちになれるかと日々頑張っています。 これ以上、認知がすすまないよう、この病院でもお世話になっています。