ブログ

認知症の種類・症状・治療法を徹底解説!日常生活での対策とは?

『3分で読める認知症』として、『①認知症とは』をお届けいたします。

どうぞ最後まで、お読みください。

認知症とは

認知症とは

認知症とは、脳の病気や障害によって、記憶力や判断力などの認知機能が低下し、日常生活に支障をきたす状態を指します。誰でも歳をとるにつれて認知機能は低下しますが、認知症の場合はその低下が著しく、日常生活に支障をきたす点が特徴です。

認知症の種類

認知症には、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症など、さまざまな種類があります。それぞれの種類によって、症状や進行の速度などが異なります。

①アルツハイマー型認知症

最も一般的な認知症です。記憶障害、見当識障害(日時や場所がわからなくなること)、実行機能障害などの症状が現れます。

②レビー小体型認知症

幻覚や妄想、睡眠障害などの症状が現れます。

③血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によって起こります。歩行障害や失語(言葉がうまく使えない状態)などの症状が現れます。

近年ではこれらの疾患に加えて、正常圧水頭症などのいわゆる「治る認知症」や、ピック病などの前頭側頭型認知症なども注目されています。

認知症の症状

認知症の症状は、大きく中核症状と周辺症状に分けられます。

①中核症状

  • 記憶障害:最近のことを忘れる、約束を忘れる、同じことを何度も聞く
  • 見当識障害:時間や場所がわからなくなる、自分の名前や住所が言えなくなる
  • 実行機能障害:計画を立てたり、手順通りに物事をしたりするのが難しくなる

②周辺症状

  • 幻覚:実際には存在しないものが見える、聞こえる
  • 妄想:根拠のない疑い心や被害妄想
  • 興奮:怒りっぽくなったり、暴れたりする
  • 暴言:相手を傷つけるようなことを言ったり、罵ったりする
  • 徘徊:目的もなく歩き続ける
  • うつ症状:気分が落ち込み、何も楽しめなくなる
  • 不安症状:心配や不安が強くなる

これらの症状は、認知症の種類や進行度によって、さまざまな組み合わせで現れます。

認知症の診断

認知症の診断には、問診や検査、脳CT検査などが必要です。問診では、本人や家族に症状について聞き、検査では、記憶力や判断力などの認知機能を評価します。脳画像検査(CTやMRIなど)では、脳の萎縮や梗塞などの異常がないかを調べます。

認知症の治療

認知症の治療には、薬物療法と非薬物療法があります。

①薬物療法

症状を改善したり、進行を遅らせたりする効果が期待できます。しかし、根本的な治療法ではないため、症状を完全に抑えることはできません。

②非薬物療法

  • 認知機能訓練:記憶力や判断力などの認知機能を維持・向上させる訓練
  • 生活支援:日常生活動作の支援
  • 介護予防:認知症の発症や進行を予防するための取り組み

近年では、認知症の症状に合わせた個別的な治療法や、生活の質を向上させるためのケア方法などが研究されています。

認知症の予後

認知症の多くは進行性の病気であり、完治することは難しいです。しかし、適切な治療や介護を受けることで、症状の進行を遅らせたり、生活の質を向上させたりすることは可能です。

認知症介護のポイント

認知症介護において、介護職員は重要な役割を担っています。認知症の人と家族の理解者となり、症状に合わせた適切な介護を提供することが求められます。

①認知症の人への接し方

  • 本人のペースに合わせ、ゆっくりと話す
  • わかりやすい言葉で話す
  • 本人の気持ちに寄り添う

②家族への支援

  • 正しい情報をわかりやすく伝える
  • 介護負担を減らす支援を行う
  • 家族の気持ちに寄り添い、心理的なサポートを行う
採用情報 お問い合わせ